Push on!

ジャニオタは忙しい

こんばんは!

昨夜は卒論をどうにか少しだけでもやっておかなければ、

ということで必死で、すっかり忘れていました…。

今日、秋学期初めのゼミで進捗度を報告しなければならなかったのですが、

とりあえずそれが終わってホッとしています。(-.- )

こんなに焦るなら夏休みにコツコツやっておけばよかった…(笑)

しかしゼミのみんなは正直だな!

「やってません\(^o^)/」が多発。ww

先生よく怒らずに穏やかにお話されてたな、と…。(^^;)

昨日のお昼には、世界まる見えに慶ちゃんが出演していましたね

初めてこの番組を見ましたが、明るくて楽しい番組ですね!

こういう番組に好きな人が出ていて嬉しかったです。

番組の終わりに、NEWS内のことを質問されていましたが、

慶ちゃんによると、

テゴッさんの「我を行く、悪気のない自己中」な性格は

プライベートではいらないそうですねwwww

すっごい笑いました(^-^)

いつもインタビューでは、テゴッさんはグループを引っ張ってくれる、

と褒めることの多い小山さんですが、

今回は褒める+「プラベではいらない」という本音が出ましたね。(笑)

そして自分のテリトリーがある増田さん

侵入されたり、動かされたりすると不機嫌になるそうで。(^ω^)

バッグを動かすのにも丁寧な許可が必要(リーダーであっても)なのは

さすが増田様だと思いました。(笑)

そういうワガママというか、ジャイアン(?)みたいなとこも可愛いですけどね。

かばんやテリトリーのこともそうですが、

髪をいじられるのが嫌いだとか増田さんは難しい部分もありますが、

それを理解していて、笑って話す慶ちゃんやメンバーが素敵ですね~(^^*)

ライブDVDのオフショットで、テゴちゃんの髪をシゲアキさんがセットしていましたが、

そういうの、ダメなんでしょうね、まっすーは。

自分でセットしてるのかな?それとも唯一許されているヘアメイクさんがいるとか?

ツイ友さんが

慶ちゃんは一歩下がって3人を見守っていてくれるので、

慶ちゃんがリーダーになってくれて良かった

と言っていましたが、私も本当にそう思います。^^

ザ少年倶楽部プレミアムでも国分くんが言っていましたが、

ちょっと頼りないくらいがちょうどいいんですよね、きっと。

私には、慶ちゃんはNEWSのお母さんのように見えます。

みんなが大好きで愛情表現が素直。

お父さんは、まっすーかな…。

一見、クールで頭脳明晰なシゲアキさんがお父さんに当てはまりそうですが、

ちょっと頑固だけど笑顔は優しくて、時々おどけてみせる姿は

父親のようだと思っています。

緩くなってしまった雰囲気を一喝するような言葉を掛けるのもまっすーだそうですし、

イベントの時も、握手会をしたいと言ってスタッフさんに止められたとき、

「やめといた方がいいんじゃない?」と一言言ったのはまっすーでした。

それは冗談で、ファンをわざと焦らしていたのかとも捉えられますが、

私はまっすーが時々メンバーに「ちゃんとしろ」と言う、というのを知っていたので

あれはホントに止めていたんじゃないか、と。

きっとまっすーは、

慶ちゃんが握手会をやりたい気持ちには同意していたと思うのですが、

どんなに自分たち発信のイベントでも、

それから先のことやスタッフさんのこと、時間のことなど

色々考慮して進める必要があるから、

そう言ったんじゃないかなと思いました。

そういう周りが見えるところや真面目なところは本当に尊敬しています。

4人になってから雑誌の記事やメンバーのインタビューをよく読むようになりましたが

そこでまっすーがすごく真面目でストイックだということが分かりました。

いつもニコニコしているのにミステリアスなところがあって、

でも社会人としての常識を持って仕事に取り組む姿は本当に魅力的だと思います。

…あれ、慶ちゃんの話をしていたのに、

いつの間にか増田さんの話に熱が入ってしまいました…(笑)

ちなみに、シゲアキさんが長男、テゴちゃんは次男坊^^

…まぁ、そのままですね。ww

クールで頭の良いシゲアキ兄さんは、

自由奔放で暴れる可愛い弟テゴちゃんを後ろから見ている感じ。

テゴちゃんはまっすーパパと時々ケンカしたりするけど

実は一番わかってくれてる、という感じでしょうか。

長男シゲアキは、母慶ちゃんが疲れてると黙ってそばにいてあげるような感じ。

…何コレ。

あったかい家族ストーリーになった。(笑)

ま、でも、そんな風に見えるんです。

…1週間で良いから、共同生活してる様子を番組とかでやってくれ!(笑)

なんかちょっと怖いけどwwww

それでは今日も一日お疲れパーナでした。

おやすみなさい。